首里城再建の想い

先日の火災で大部分が焼失した沖縄のシンボル、首里城(那覇市)の再建に向け、各地で支援の輪が広がっています。
インターネットを通じて寄付を募るクラウドファンディングでは早くも寄付額が3億円を突破。アンテナショップには応援のため多くの買い物客が訪れ、再建への動きを後押ししています。
ふるさと納税の仲介サイト「ふるさとチョイス」では、1日から那覇市がクラウドファンディングを活用した首里城再建支援プロジェクトを開始。目標額の1億円はわずか2日で達成し、6日正午までに3億5500万円を超えたそうです。
ひとりひとりのちからが集まると本当に大きなことってできるんだなと感じます。
私も微力ながら、ヤフーのトップ画面から、首里城再建のため、Tポイントを利用して、募金させていただきました。
「再建に役立ててほしい」「応援しています」などのメッセージが6000件以上も寄せられており、日本中で首里城を大切に思っている人がたくさんいるんだなと思いました。
東京・銀座にあるアンテナショップ「銀座わしたショップ本店」でも、1日からレジの横に手作りの募金箱を設置したところ、火災後は客の数が1.4倍ほどに増え、半数以上が寄付をしてくれているそうです。「みんな沖縄が好きで、自分のことのように捉えてくれている。ありがたいことです」と喜んでいます。再建には何年かかるかわかりませんが、もし出来たときには絶対に行きたいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする