確定申告ってしなきゃだめ?

確定申告ってしなきゃだめ?

会社員でも申告すれば税金を取り戻せる可能性大。

確定申告とは所得を確定させ納税額を申告するもの。

前年1月1日から12月31日までの1年間の所得税を自分で計算して管轄の税務署に確定申告書を提出します。

会社員の場合は年末調整が確定申告に当たるので基本的には確定申告をする必要はありません。

申告が必要なのは主に自営業フリーランスなどの個人事業主

しかし年末調整をした人でも確定申告を行うことで払いすぎた税金が戻ってくる可能性もあります。

その代表的なものに医療費控除と 住宅ローン控除が挙げられます。

医療費控除は年間の医療費が10万円を超えると申請が可能です。

対象になる医療機器は病気や怪我の治療にかかった金額

通院で利用した交通費や駐車場だいドラッグストアで購入した薬代も加算できるのでレシートや領収書をきちんと保管しておきましょう。

年間で健康保険から出る高額医療費や出産育児1時金、民間の保険の保険金などの給付があった場合は、それらの金額も差し引きます。

意外なものまで交付と内容に含まれているので覚えておくと還付金アップにつながります。

アメックスのクレジットカード12枚の特徴や審査申請基準をまとめて解説!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする