めんちゃんこ亭

先日、久しぶりに「めんちゃんこ亭」でお昼をたべました。
寒い日だったので、温かいものがよく、ちょうど近くを通ったのでこちらに決定。
「めんちゃんこ」って何?って初めは思いました。

めんちゃんことは・・・・
博多で生まれ、博多育ちの独自麺
今から約三十数年前、
店主と親交の深かった五十三代横綱「琴桜」の稽古場でご馳走になった
「ちゃんこ」の味に感動しこの美味しさをもっと広めたいと誕生したのが
「麺」を「ちゃんこ」のスープで丁寧に煮込んだ「めんちゃんこ」なんだそうです。
簡単にいうとひとり用のちゃんこ鍋としめのちゃんぽんが一緒になったものですね。

最近では、夜は居酒屋さんのようなメニューも増えているので飲みに来ている人も多いようです。
私は、スタンダードな元祖を注文しました。
旦那さんは、期間限定の「味噌牡蠣めんちゃんこ」を食べていました。
元祖のほうには、お餅もあって、麺とモチでけっこう腹持ちよい感じです。
牡蠣もおいしかったといっていました。
寒い冬には夜鍋もいいですが、おひるに鍋っぽい料理も温まっていいですね。
めんちゃんこ亭のプリンも有名みたいで、今度是非食べてみたいと思いました。

寒くなってくると夜ご飯は、鍋にしたいのですが、

我が家はあまり鍋は喜ばれません。材料を切ってグツグツするだけでなくでいいのでらくなのになぁ。。。。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする