ふるさと納税

今朝のニュースで、総務省が6月から実施するふるさと納税の新制度で、大阪府泉佐野市、静岡県小山町、和歌山県高野町、佐賀県みやき町の4市町を対象から除外する方向であると聞きました。4市町は昨年11月以降も豪華な返礼品を贈るなど不適切な方法で多額の寄付金を集め、新制度の対象に該当しないと判断されたそうです。

私も2年ほど前から友達からふるさと納税の仕方を教えてもらってふるさと納税をしています。

多くの人がそうだと思いますが、地元や地域を応援する目的ではなく、すみませんが返礼品で選んでいます。

新制度は、過度な返礼品競争に歯止めをかけるのが狙いで、返礼品を「寄付額の3割以下の地場産品」に限定するそうです。

返礼品が特産品であるかどうかは、その土地で特産品があればいいですか、ないときはどうするんでしょうね。

私は日常生活でいつも購入するものを選ぶことが多いです。特産品とは関係ない缶ビールも泉佐野市の返礼品で選んでいました。最近では、佐賀県のお米の返礼品(こちらは地場産品)を選んで届きました。

ふるさと納税も、楽天市場を通して、貯まった楽天ポイントを一部使ったり、また購入ポイントもつくので、楽天マラソンの時にポイントが多くつくように何件か合わせて頼んだりしています。

ふるさと納税する側としては、返礼品目当てで申し訳ない気持ちもありますが、その納税でそのまちも豊かになっているならいいと思うのですが。。。

同額で、今後返礼品が減ってしまうのはやっぱり悲しいかなと思いました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする