USJで手荷物検査

大阪市のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)は27日、全来場者に対する手荷物検査を6月1日から始めると発表しました。

主要20カ国・地域(G20)首脳会議に向けた安全対策の一環。2025年の大阪・関西万博など国際イベントが今後も続くことから、G20首脳会議後も継続するそうです。臨時の検査は過去にもありましたが、継続的に行うのは01年の開業以来初めてとのことです。

今年の4月の週末にユニバーサルスタジオジャパンに遊びに行ったときも、入場ゲートで、手荷物検査がありました。リュックのなかに、飲み物や食べ物を少し入れていたので、指摘されないかドキドキしていましたが、大丈夫でした!!

東京ディズニーランドや東京ディズニーシーでは、手荷物検査をして、入場していたので、特に違和感はありませんでしたが、早く入場したいのに列にならばないといけないのは、ちょっと辛いですね。

ユニバーサルスタジオジャパンの入場ゲート前のサービスカウンターで、チケットの日付変更をしなければいけなかったのですが、手荷物検査よりも短い列なのに、対応してくれる係の窓口が少なくて、前の人がやたらと時間が長くかかってて、そちらのほうがキツかったです。

USJでは、入場ゲートの前に検査台を設置し、スタッフが全ての手荷物の中身を目視で確認し、検査に応じなかったり、凶器などの危険物が見つかったりすれば入場を断るそうです。

テーマパークは、みんな楽しむために来ているので、全員がいっぱい楽しめるために、スムーズに安全チェックしていただけると嬉しいですね。

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする