ユニクロも紙袋へ

ユニクロなどのファーストリテイリングは7月3日、地球環境に配慮した取り組みとして、使い捨てプラスチックの使用削減で2020年中を目処に全世界のグループ全体で、店頭で顧客の手に渡る使い捨てプラスチックのうち、ショッピングバッグと商品パッケージの85%に当たる約7800トンの削減を目指すそうです。
2019年9月1日から、日本をはじめ世界12カ国・地域の事業で使用しているプラスチック製のショッピングバッグを、FSC認証(森林認証)を受けた紙または再生紙を使用した環境配慮型の紙製に順次切り替えるそうです。


2019年9月以降順次、国内外のユニクロ、ジーユーの店舗でオリジナルのエコバッグを販売し、エコバッグの利用促進のため、国内のユニクロとジーユーでは、2020年1月14日から全店舗でショッピングバッグを有料化、1枚一律10円(税抜)で販売するそうです。
欧州、北米、韓国など海外16カ国・地域のユニクロとジーユーでも、2019年9月以降それぞれショッピングバッグを有料化するようです。

プラスチックの利用を減らす取り組みがあちこちで始まっています。

私もプラスチックゴミは、地域のリサイクルに出すように心がけていますが、ショッピングバッグもどんどん有料化になっていくと、エコバッグをたくさん持ち歩かないといけませんね。一人一人のエコ活動で地球をまもっていけたらいいなと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする