家電はいつ買い換える??

ある調査によると、前回の増税時(2014年)よりも、今年10月に予定される「消費税10%」の方が、家計への負担を感じる人が約7割に上るそうです。「増税前にいろいろ買っておかないと!」という人も多いですが、焦りは禁物。むしろ「増税後」に買った方がお得なものも少なくないという記事を見てビックリしました。私もあと2ヶ月のうちにいろいろ買っておかなくちゃいけないと思っていたひとだったので興味深かったからシェアしますね。

10月に予定される増税と、過去の増税との大きな違いは、増税に合わせて、はじめて導入される「軽減税率」です。8%か10%か、その線引きは複雑。状況が変われば税率も変わる曖昧さで、私もまだよく理解できません。軽減税率が適用される商品を把握して、増税前に焦って購入しないよう注意したいものです。税率変わらないのに買っても無意味ですから。

とはいえ、軽減税率の適用外で10%にアップする商品も、急いで購入してはいけないそうです。前回増税時は、増税前に日持ちするお米や冷凍食品、日用品などを大量に買いだめする人が多かったけど、結局は賞味期限が過ぎたりして使いきれず捨てた人も少なくなかったようです。

高額な「家電」も、焦って購入しがちです。前回の増税直前の2014年1~3月は、駆け込みで家電を買い求める客が殺到。内閣府によると、テレビやエアコン、冷蔵庫などの家電主要5品目の量販店販売金額は、同年2月が前年同月比40%増、3月は同92%増を記録したそうですがその反動で、増税後は消費が低迷したようです。

「冷蔵庫や洗濯機などの白物家電は10月に新商品が出ることが多いため、それ以前のモデルは“型落ち”で安く買える可能性が高いみたい。2%以上の値引きであれば、増税後の方が安く買えるというわけです」

 iPhoneなどのアップル製品をはじめ、値が下がりにくい家電は増税前に購入を検討してもいいそうですが、値引き競争が活発な家電は焦って買う必要はないようです。

ただ、増税後は毎回、増税幅以上の値上げを行う“便乗値上げ”をする店も出てきます。増税後は、ただでさえデフレで、値上げしたいと思っている店にとっては、格好の値上げのタイミングでもあるため、価格をよく吟味して購入しなければいけませんね。

我が家は冷蔵庫を買い換えたいっ!新製品じゃなくてもいいので、なるべく安く購入したいと作戦を練っています。

さて、増税前が安いか、増税後の値引きが大きいか‼️どちらだろう??悩ましいですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする