郵便土曜配達がなくなる?!

総務省の有識者委員会は8月6日、郵便サービスの見直しに関する議論の取りまとめ案を了承しました。普通扱いの手紙やはがきなどの郵便物は、土曜日配達を取りやめる制度変更が必要だと明記しています。インターネットの普及、人手不足といった社会環境の変化が背景にあり、総務省は早ければ、秋の臨時国会で必要な法改正を目指し、来年にも廃止となる見通しです。宅配便のゆうパックは土曜配達を維持する予定です。

現在、1週間につき6日以上と定められている郵便物の配達について、日本郵便は労働環境の改善などのため「週5日」とするよう要望。早期の制度見直しを求めており、実現すれば配達は平日のみとなります。

たしかにダイレクトメール等の、郵便物はメルマガやLINEの友達登録などで情報はくるし、友達とのお手紙は、携帯のメールかLINEに時代は変わったなぁと感じます。

私はポストに何も郵便物がないと寂しいなと感じてしまいますが、郵便物は減っているし、仕分けや配達の人手不足は大きいんでしょうね。

昔は友達に手紙を書いたり、写真を送ったりしてたなぁ。。今はLINEで、メールも写真も送っちゃいますね。便箋もいっぱいあるけど、つかってないなぁ。。。郵送料も上がるし、郵便で送ることってだんだん減っていってしまうのも仕方ないなぁと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする